半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣挑発の陰に習近平外交の失敗 1

<<   作成日時 : 2016/08/10 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

▼不透明感が強まる中国政局
 尖閣周辺での中国の挑発が再び活発化している。背景には習近平中国の南シナ海などへの「大国外交」の失敗がある。失敗の責任を問われ、批判の矛先が習近平政権に向かうのを恐れ、国内の目を東シナ海に向けさせようとしたようだ。

 そのあたりの事情について、中国問題の専門家である毎日新聞の敏腕記者、金子秀敏が鋭い分析をしているので紹介する。

************

 中国の「大国外交」が行き詰まり、国際社会で孤立が深まっている。外交の混迷は、習近平国家主席の威信低下を招き、李克強首相を先頭に批判勢力の動きも活発になっている。来年の共産党大会を控えた政局は不透明感が強まる。

 南シナ海のサンゴ礁を次々に埋め立てて滑走路やレーダーなど軍事施設を建設、米軍の排除に出ると、米国は軍艦を接近させる「航行の自由作戦」で対抗、軍事的緊張が高まった。

 中国の「強軍大国」化はベトナム、フィリピン、インドネシアなど近隣国との関係を悪化させる負の外交効果を生んだ。

 フィリピンが国際仲裁裁判所に提訴した南シナ海の海洋主権に関する仲裁判決が7月に出て、南シナ海のほぼ全域が中国の主権に属するという中国の「歴史的権利」主張は「無効」とされた。

 中国は「判決は紙くずだ。受け入れない」と声明を発表したが、国際法上の判断が出た事実は動かず、南シナ海で航行の自由作戦をする米軍を中国軍が強制排除する正当性はなくなった。

 手痛い外交敗北だ。支持取り付けに周辺国への巨額援助を迫られている。それだけではない。一時は米国をしのぐソフトパワーのシンボルと世界が期待した「一帯一路」外交も、揺らぎ始めている。

続きはここをクリック
http://79516147.at.webry.info/201608/article_71.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
尖閣挑発の陰に習近平外交の失敗 2
▼ロシアとも足並み乱れる  昨年、習近平は経済成長が低成長期に入ったことを意味する「新常態」を宣言し、上海株が暴落、人民元が下がり、中国から資本流出が増えた。 ...続きを見る
半歩前へU
2016/08/10 16:39
集団的自衛権より外交努力
米国との集団的自衛権で尖閣諸島を失う可能性については書きました。米国との集団的自衛権で尖閣諸島は中国の所有へ軍事力が抑止力として頼りないという話も書きました。軍事力は ... ...続きを見る
普通の日本人がネトウヨを論破するブログ
2016/11/12 13:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尖閣挑発の陰に習近平外交の失敗 1 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる