半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射能 僕が癌になった 福島の親子が悲鳴!!

<<   作成日時 : 2016/09/08 11:52   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 「僕が、癌になったのは、こんな体に産んだお母さんのせいだ。僕は、どうせ長生きできないんだから、もう放射能の話なんてしないで」―。福島県の親子の慟哭をつづった記事が「女性自身」に載った。

 少年が癌にかかったのは母のせいではない。大地震が起きたら危険だと知っていながら「コストがかかる」と言って、原発の安全対策を放置した東電のせいだ。責任はすべて東電にある。

 それが、なぜ、穏やかに暮らしていた親子が原発の罪を背負わなければならないのか。余りにも、余りにも理不尽だ。惨(むご)い。この子の未来を奪った責任をどう償うのか。

福島にはもう一つの癌が見つかった。それは東電原発による放射能被害を極力抑え込もうとする「福島県立医大」という癌である。この医大は原発爆発直後からいろいろウワサが絶えない“謎の病院”である。内情を知る人がいたら教えてほしい。

「女性自身」は語った。
*****************

 2013年春、福島県郡山市内に住む川向アキさん(仮名・52)は、次男の隆くん(仮名・事故当時中2)に夜通し泣きながら責められた。

 「だから私、隆に言ったんです。『お母さんのせいで、アンタが癌になったんだったら、死ぬときは、お母さんも一緒に死ぬべ。ぜったいにアンタ一人では死なせねぇ』って」。

 隆くんは甲状腺検査で、癌と診断され、甲状腺の片側を切除する手術を受けた。14歳の子どもが”癌”と宣告され、病と向き合う恐怖はいかばかりか。また、見守る親の心情は……。

 川向さんが、今回、本誌に胸の内を語ろうと思ったのは、治療を受けている県立医大や福島県の対応が、あまりにも患者の心を踏みにじるようなひどいものだったので、「誰かが訴えなくては」と考えた。

続きはここをクリック
http://79516147.at.webry.info/201609/article_62.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
僕が、癌になったのは母さんのせいだ!! 3
 川向さんの次男、隆君も顔面蒼白になり、親子共々、なにも言葉を発せなかったという。通常は行われるエコー画像を見せての詳しい病状の説明もなく、次の検査の予約をとっておきます、と告げられ、10分ほどで終了。 ...続きを見る
半歩前へU
2016/09/08 11:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射能 僕が癌になった 福島の親子が悲鳴!! 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる