半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 「利敵行為」と石破、船田を批判!夕刊フジ

<<   作成日時 : 2017/03/13 22:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

▼石破、船田を「利敵行為」と夕刊フジが批判!
 ヘイト夕刊紙として知られた夕刊フジが森友疑惑で正論を吐いた自民党の石破茂と船田元を「利敵行為そのものだ」と口を極めて批判した。これぞ、イエローペーパーの典型である。

 「石破氏、船田氏が自民分断画策か…森友問題で参考人招致に賛同」と銘打った夕刊フジの記事について順を追って説明しよう。

 承知の通り夕刊フジは産経の系列の夕刊紙だ。ライバルの日刊ゲンダイに大きく水を開けられ、経営的に厳しい状況に陥っている。

夕刊フジが2人の発言を列挙した。
 「国会で参考人を呼ぶことも1つの手段だ」「特別の力学が働いたと思わざるを得ない」と船田は言った。

 石破は「野党から言われるまでもなく、われわれの側として示すことも必要ではないか」「政府・与党全体として、いろんな疑惑を払拭していくことが党の信頼を確立するためにも大事なことではないか」と語った。

次いで夕刊フジはこう強調した。
 船田氏と石破氏はかつて、田中派に所属。小沢氏は先輩にあたる。小沢氏は森友問題に、「大きな疑念を抱かざるを得ない」「役所を急がせる何らかの背景があったのかと想像される」と語った。船田、石破両氏の発言とシンクロする。

 3人の発言がシンクロ? こじつけにしてもお粗末すぎる。森友疑惑については3人に限らず、大半の国民がオカシイと思って、真相解明を望んでいる。
 
 挙句の果てに夕刊フジは「衆参予算委員会の集中審議で、問題の本質はほぼ明らかになった。それにも関わらず、こうした発言を繰り返すのは、結果的に利敵行為そのものだ」と石破らを糾弾した。

 どこが「問題の本質はほぼ明らかになった」というのか? 安倍晋夫婦と籠池泰典の親密な関係の裏。どうして国有地がタダ同然となったのか?などどれ一つ解明されていない。

 利敵行為は、真相究明にフタをしようとする安倍政権に手を貸している夕刊フジのことではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「利敵行為」と石破、船田を批判!夕刊フジ 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる