半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 森友疑惑 元を質せば昭恵にたどり着く

<<   作成日時 : 2017/04/13 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

▼森友疑惑 元を質せば昭恵にたどり着く
 国家公務員を、わが使用人のようにハワイ旅行や自民党の選挙応援に連れ回し。“口利き”すれば、すべてが実現する。

「首相夫人」の肩書に吸い寄せられてくる者は皆、自身をチヤホヤしてくれるうえ、「公人」としての責任は一切問われない―。こんな人間は世界中、捜してもこの人しかいない。安倍晋三の妻・昭恵、その人だ。

 10日の衆院決算行政監視委。民進党の宮崎岳志が、森友学園の小学校設置認可をめぐって重要時期だった15年9〜11月の3カ月間、昭恵付きの国家公務員の2人がどこで、何をしていたのかという公務状況を質問した。

すると、昭恵の公務は外交関係8件、総理同行が2件あったものの、内閣官房の土生は「外交以外で、確認した限りはない」と答弁した。

 昭恵付きの2人の公務員の公務もほとんどなかった、ということを正式に認めたわけなのだが、この間、公務員は幼稚園で行われた昭恵の講演会に同行したり、籠池泰典にファクスを送付。つまり、昭恵の私的活動の小間使いをさせられていたのである。

「私に同行しているから、こき使っていいんだ」

 昭恵がこう考えていたのかどうかは不明だが、少なくともファーストレディーとしての自覚はもちろん、一般的な常識も持ち合わせていないようだ。

ただ、世界には同じような輩がいる。フィリピンのマルコス元大統領夫人として20年もの間、贅の限りをつくしたイメルダと、ルーマニアのエレナ・チャウシェスク大統領の妻だ。

「そろって独裁者の妻で、浪費家という点が共通。革命後、逃げ出した宮殿内で3000足の靴と6000着のドレスが見つかったイメルダは常々、『貧しい者のための希望の星であることが私の義務』と言った。

毛沢東夫人の江青から『指導者の妻はもっと政治に関わるべきだ』とのアドバイスを受けたエレナは政治に口出しし、国民は悪政に苦しめられた。

昭恵も雑誌のインタビューで弱者に寄り添うような姿勢を見せたり、政治に口出ししたりと、2人の夫人にそっくり」(政治評論家の山口朝雄)

 森友問題だって、元を質(ただ)せば、昭恵にたどり着く。やはり、何が何でも国会に呼ぶべきだ。  (以上 日刊ゲンダイ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自らの疑惑に対して、会見すらしない安倍昭恵氏は、

2014年7月1日、自らの疑惑に対しての会見中に、
号泣することになった元兵庫県議の野々村竜太郎氏以下の人物で、

国民に対して、全く誠意を有していない悪人である、のでしょうか。

そんな人間が、日本国の内閣総理大臣夫人、ですか...。

安倍昭恵氏は、日本国の大恥である、かもしれないし、

大恥どころか、「国家に害をなす者」であれば、

「国賊」ということになります。
日本国民の中の一人。
2017/04/14 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
森友疑惑 元を質せば昭恵にたどり着く 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる