半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 森友疑惑 地下9・9メートルのゴミへの疑念 

<<   作成日時 : 2017/04/18 21:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

▼森友疑惑 地下9・9メートルのゴミへの疑念 
 8億1900万円の「値引き」は妥当だったのか―。国有地の激安払い下げ疑惑で、大幅な値引き額は、主に地中のごみの「深さ」と「混入率」で決められた。この二つの数字に疑いの目を向ける野党。

 国有地は約8770平方メートル。鑑定価格は9億5600万円だが、財務省近畿財務局は2016年6月、1億3400万円で学園に売った。

 値引き分のほぼすべては地中のごみの撤去処理費用の名目だ。ごみは最深で「地下9・9メートル」まであるという前提で見積もられた。

 国会答弁などによると、売買契約の3カ月前、財務省近畿財務局と、土地を所有する国土交通省大阪航空局の職員が現地を訪問。学園側が小学校建設のため9・9メートルの杭を打ったドリルの先にごみが絡みついている写真などを見て、深さを決めたという。

 「地質的に、その深さまでごみがあったとは考えられない」と指摘するのは日本大学理工学部の鎌尾彰司准教授(地盤工学)だ。

 この土地が昔、池や沼だったことを踏まえ、「3メートル付近より深いところは、埋め立てる前からあった堆積(たいせき)層とみるのが自然」と話す。

 鎌尾氏が根拠に挙げるのが、二つの調査結果だ。

 一つは大阪航空局が2009年度に実施した試掘調査。68地点を掘り、ごみが3メートルより深いところにあったのは5地点。最も深いところでも「3・3メートル」だった。

 もう一つは、森友学園の委託業者の2014年10月のボーリング調査。2カ所を地下21メートルと46メートルまで掘り、ビニール片などの生活ごみが見つかった最も深い場所は「3・1メートル」だった。

 地下4・4メートル以下からは貝殻片が出ており、鎌尾氏は「昔、海だったときに堆積したものだろう。さらに深い場所でごみが交ざる可能性は考えられない」とも話す。

 石井啓一国交相は国会で、野党からの同様の指摘に、「2カ所のボーリング調査だけで判断するのは無理」などと反論している。 (以上 朝日新聞)

続きはここをクリック
20%から40%へなぜ倍増したのか?
http://79516147.at.webry.info/201704/article_206.html


詳しくはここをクリック
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12895379.html?rm=150

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
20%から一気に倍増した根拠は何か?
▼20%から一気に倍増した根拠は何か? 森友疑惑 地下9・9メートルのゴミへの疑念 http://79516147.at.webry.info/201704/article_205.htmlの続き。 ...続きを見る
半歩前へU
2017/04/18 21:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私もつい最近 此の森友学園疑惑は安倍側近、財務省、国土交通省、文部科学省、大阪府森友学園、設計及び工事請負業者の安倍側近の意図に追従した嘘800の合作であること以外絶対に考えられません。とコメントさせていただきました。
この線で科学的な真実に反することを実証してこの犯罪を暴くしか方法は無いと思います。
「地質的に、その深さまでごみがあったとは考えられない」と日本大学理工学部の鎌尾彰司准教授(地盤工学)が指摘されていますし。
以前の投稿で近代になって9,9mの深度まで、廃棄物を投棄するのはコスト的にも全く絵空事であると指摘いたしました。
従って、古代から近代まで歴史的にこの地に廃棄物は9,9mの深度には存在無かったと結論付けられます。
これで完全に、安倍友側の大嘘が1つはっきり解明できました。
私は、尚、次の点で不正が有ると思います。
2建て一部3階の鉄骨構造と思われる建築物に9.9の杭が必要かです、全く必要ないと思います。N値が低くても簡単な土壌改良剤を構造物基礎底面から多くても3mに震度に注入すれば万全だと思います。こんな軽微な改良工事をするのは購入者の経費に含まれて当然です。従ってこれらの難癖は。無理にコストを上げる為の作り話に過ぎないち考えます。
この件は、町の建築屋さんでも解明できる問題なので、権威ある方に解明して頂ければありがたいと思います。
今となっては、国会でなど議論らしい議論も受け付けないと思うので、豊中市の市会議員木村真氏が裁判所に財務省等を国家財産を低価売却し国家に損害を与えた等の理由で訴訟を行っていますが、これに積極的に側面からでも良いので協力することが重要だと思います。裁判所も既にアベに握られていますし、結審まで、年月がかかりますが、取りあえず野党の攻めと両面作戦でこの件の解明で攻めるべきだと考えています。
KAZU
2017/04/19 12:59
森友学園疑惑に関わっていた財務省の官僚たちの姿を見ていると、
地下鉄サリン事件に関わっていたオウム真理教の幹部たちの姿を、
思い起こす。

どちらも日本における難関大学の難関学部を出身とする、
「頭のよい」とされる者たちが、その「頭のよさ」を発揮して、
工作を謀っている様相が、似ているなぁ、と。

すると、安倍晋三氏は、麻原彰晃氏、と、
同じような位置づけになるのだろうか。

森友学園疑惑を、
一部の「頭のよい」とされる者たちの思う壺、
迷宮入りの「完全犯罪」にしないためにも、
シャーロック・ホームズや金田一耕助のような名探偵、名推理をもって、
真犯人の特定、そして、疑惑・疑獄の解決・解明が成就することを望みます。
日本国民の一人です。
2017/04/20 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
森友疑惑 地下9・9メートルのゴミへの疑念  半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる