半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 「非暴力に異常な弾圧」と日本共産党が中国批判!

<<   作成日時 : 2017/07/16 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

▼「非暴力に異常な弾圧」と日本共産党が中国批判!


 日本共産党が「非暴力の活動家に異常な弾圧」と、非業の死を遂げた劉暁波氏に対する中国政府の対応を厳しく批判した。

 共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が15日、菅原啓外信部長で「非暴力の活動家に異常な弾圧」「言論には言論で対応すべきだ」との見出しを付けて次のように報じた。 

******************

 中国の政治体制の民主化を願い、ペンと言葉の力で非暴力のたたかいを続けた劉暁波氏が死去しました。

 劉氏は、体制批判を理由に長期の投獄生活の末、重い病に侵されました。

 末期がんと判明後、仮釈放され治療を受けたものの、家族は監視下に置かれ、知人らの面会も制限されていました。

 本人や家族が希望した国外での治療も最後まで中国当局に拒まれました。

 人権確立のための活動を評価されたノーベル平和賞受賞者が自由を奪われたまま事実上の「獄死」に追いやられたことはどんな理由で説明しようとも極めて異常なことです。

 各国や人権団体はこうした対応を厳しく批判しており、これは重大な国際問題となっています。

 日本共産党は、中国に対し、言論による体制批判には、それを禁止することなく、言論によって対応する政治制度への発展が重要だと、ことあるごとに伝えてきました。

 劉氏の弾圧についても、志位和夫委員長が2010年の赤旗まつりで、中国が国際人権規約などの国際的到達点に立ち、「国際社会の理解と信頼を高める対応をとることを強く望む」と述べていました。

*****************

 実に堂々としたものだ。日本共産党の本部はこのようにしっかりとした見解を示している。

 にも拘らず、支持者にヘンなのがいる。「習近平中国のやることはすべて正しい」と信じ込んでいる連中を、私は「習近平“信者”」と呼んでいる。

 これを機に、日本共産党と、「習近平“信者”」を区別することにする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「非暴力に異常な弾圧」と日本共産党が中国批判! 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる