半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 何?この写真 信じられない光景!

<<   作成日時 : 2017/07/17 10:49   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

▼何?この写真 信じられない光景!警察がヘイトデモ抗議の市民を排除!


この現場写真を見てもらいたい。
http://www.kanaloco.jp/article/264879

 信じられない光景だ。警察がヘイトデモを規制するのではなく、「ヘイトは許さない」と抗議の声を上げた沿道の市民たちを排除した。

 安倍政権下で警察は「共謀罪」法成立後、ますます力を発揮、“市民制圧”に乗り出した。

 神奈川新聞が健筆をふるって蛮行を伝えた。

********************

【時代の正体取材班=石橋学】
 人種差別主義者によるヘイトデモが16日、川崎市中原区の武蔵小杉駅そばの綱島街道で実行された。

 主催者は申請の際、ヘイトスピーチはしないと県公安委員会に伝えたが、多数のプラカードが在日外国人を差別し、おとしめる内容となっていた。県警は放置し、人権侵害を防ごうと駆けつけた市民からは「レイシストの差別に県警が加担した」と批判の声が上がった。

 計画したのは「朝鮮人を殺せ」と叫ぶヘイトデモを市内で主催してきた津崎直道氏と極右政治団体「日本第一党」最高顧問の瀬戸弘幸氏。

 県公安委からヘイトスピーチ解消法の順守を求められていたが、在日外国人を侮辱、排斥する違法な文言をかざして行進した。

 多摩川河川敷で殺害された中1男子の顔写真に「川崎をとりもどせ」と添え、在日外国人が敵対する存在であるかの印象を伝えた。

 法務省作成の「ヘイトスピーチ、許さない。」の啓発ポスターも改ざん。冒頭に「本邦外出身者へ告ぐ 日本人に対して」と記し、民族的少数者が日本人を差別しているかのような誤ったメッセージを発信した。

 沿道を埋めた約500人の市民は「差別をやめろ」「レイシストに居場所はない」と抗議の声を上げ、差別の扇動効果を打ち消すメッセージを発信。

 人権被害を食い止めようと車道に次々と体を投げ出すも、警察官に排除された。直前の出発地点変更を気取られぬよう慎重に警備体制を整えた県警の姿勢も被害をより深いものにした。

 市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」の三浦知人事務局長は「このような不当なヘイトデモがいつまで許さなければならないのか。

 川崎市に人種差別を禁じる条例の制定を求め、差別が断罪される当たり前の社会をつくっていかなければならない」と声を震わせた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
日本国憲法 第14条第1項「すべて国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」および「人種差別撤廃条約」があるのだからヘイトデモは許されない。
こいつらは共謀罪でもある。
五臓六腑
2017/07/18 07:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
何?この写真 信じられない光景! 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる