半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今は、もう“戦前” なのですか? 」 憲法映画祭2017

<<   作成日時 : 2017/04/20 23:29   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【憲法映画祭2017】のご案内
と き:4月29日(祝)30日(日)
ところ:日比谷図書文化館・コンベンションホール

テーマ「今は、もう“戦前” なのですか? 」
憲法施行70年の今年、憲法記念日前の二日間。戦争と憲法の“いま” を考えます。

4月29日(祝)10時30分〜16時40分 「ドイツにおける戦争責任」

10時30分〜11時10分
『意志の勝利』(114分・1934年・ドイツ)*ナチス党大会の第一日目のみ上映

11時20分〜13時30分
『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』(121分・2005年ドイツ)

13時40分〜14時20分
『夜と霧』(32分・1955年・フランス)

14時30分〜16時40分
『顔のないヒトラーたち』(123分・2014年・ドイツ)



4月30日(日)10時30分〜16時40分 「戦争と日本国憲法」

10時30分〜12時20分
『戦争しない国 日本』(90分・2006年・日本)

12時40分〜14時20分
『大東亜戦争』(98分・1968年・日本)*この作品のみ入場無料

14時20分〜15時00分
お話「報道の欺瞞と“いま”(仮題)」金平茂紀さん(ジャーナリスト)

15時10分〜16時40分
『天皇と軍隊』(90分・2009年・フランス)

入場料:1日券一般1500円 学生500円
あった」と話す。 

《映画の解説》
『意志の勝利』は、古都ニュルンベルクで1934年9月4日から6日間行われた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の第6回全国党大会を撮った記録映画。

ヒトラーの直接命令で、宣伝相ゲッペルスのもと、レニ・リーフェンシュタールが監督したナチスのプロパガンダ映画の典型。多くのドイツ国民は,何に酔わされ、何に歓喜したのだろうか。(今回は党大会の第一日目のみ上映)

《上映会のねらい》
ナチスが短時間の間に独裁政権を作り上げた力になったものに、大衆の不満を吸い上げていったことと、その宣伝が上手だったことがあると言われています。

とくに映像を活用したことは有名です。よく知られているのはこの作品と同じレニ・リーフェンシュタールが監督した1936年のベルリンオリンピックを描いた記録映画『民族の祭典オリンピア』です。

『意志の勝利』はそれより前のまさにヒットラーが総統として国家の最高権力者になった直後の映像で、興隆期のナチスを描いて映像の効果を知らしめた作品です。言わばプロパガンダ映像の代表で、広告代理店などにおいても映像を利用する役割の原点ともとられています。

詳しくはここをクリック
http://kenpou-eiga.com/?p=1938

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「今は、もう“戦前” なのですか? 」 憲法映画祭2017 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる