半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS アゴの骨が壊死? 骨粗鬆症の患者は要注意!

<<   作成日時 : 2017/07/17 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

▼アゴの骨が壊死? 骨粗鬆症の患者は要注意!


 今や骨粗鬆症は1000万人と言われている。骨粗鬆症は骨が折れやすくなる病気。この病気に効果のある薬が「ビスフォスフォネート」である。骨を丈夫にして骨折を防ぐ薬だ。

 ところが、アゴの骨の炎症を起こす副作用がある。時にはアゴの骨が壊死することがあるというから注意が必要だ。特に歯の治療受けた後、起こることが多い。

 細菌感染が関係するとみられるため口の中を清潔にすることや虫歯や歯周病の治療が大切だ。

*****************

日経新聞にこんな記事が載っていた。

「ビスホスホネート」を服用する前に歯科を受診すること。

口の中の衛生状態を改善し、抜歯などの歯科治療を投薬開始の2週間前までに終えることが望ましい。

 東京女子医科大学病院では他の診療科が「ビスホスホネート」を処方する際、歯科口腔外科を受診する体制を整えた。

予防には「医師と歯科医師の連携」が欠かせない。

 既に服用している人は歯科の受診が重要だ。

歯磨きなどで口の中を清潔に保ちつつ、虫歯などがあれば治療を受ける。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アゴの骨が壊死? 骨粗鬆症の患者は要注意! 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる