半歩前へU

アクセスカウンタ

zoom RSS 劉さん関係者がホチキス針で十字架状に刺された!

<<   作成日時 : 2017/08/11 23:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

▼劉さん関係者がホチキス針で十字架状に刺された!


 民主化運動の弾圧を続ける習近平の中国当局に不当に拘束された有名な人権活動家、劉暁波さんが非業の死を遂げた。

 劉暁波さんや家族は危険を感じ、病を患った劉さんの治療を西側で行うことを強く望んだ。だが習近平中国は拒否、収監し続けた。やっと仮釈放された時は手遅れだった。劉暁波さんは中国当局によって殺されたに等しいと各国の民主派は激しく非難した。

 その矢先にこんな事件が発覚した。劉暁波さんの関係者がホチキスの針で太ももを十字架状に約20カ所刺された。誰がやったか、指令を下したかは、言うまでもない。

****************
朝日新聞が報道した。

 香港の民主党は11日、党員の男性が「中国の国家当局者」を自称するグループに一時監禁され、暴行を受けたと発表した。

 男性は中国の有名な人権活動家、故劉暁波氏の妻の劉霞氏との関係を追及されたとしている。

 男性は元民主党幹部の林子健さん。林さんは、サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナから、劉暁波氏が好きだったというメッシ選手のサイン入り写真を入手し、劉霞氏に渡そうとしていた。

 林さんは10日夕、香港の繁華街で突然、男2人に車に押し込まれた。「劉霞を知っているか」と追及され、「面識はない」と答えたが、太ももにホチキスの針を十字架状に約20カ所刺された。

 香港か中国本土かわからない場所に連れて行かれ、殴られて意識を失った後、11日未明、香港内の路上に放置された状態で意識を取り戻したという。

 香港では2015年、中国本土で発行を禁じられた本を扱っていた書店関係者が中国に拘束され、香港の高度な自治を保障した「一国二制度」が侵されたとして中国への不信感が高まった。

 民主党は今回の事件を「第2の書店事件」と位置づけ、香港警察に徹底的な捜査を求めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
http://www.geocities.jp/ishidanz/11_01_01.htm
------------------------------------------------
はっきりさせておくが、劉暁波は公に次のように述べている。            
a)中国の悲劇は、欧米や日本に少なくとも300年間、植民地にされなかったことだ。されていれば、中国は明らかに文明化きれただろう。
♭)朝鮮戦争とベトナム戦争は、米国の全体主義に対する闘いであり、米国の道徳的威信を高めた。 
c)ブッシュがイラク戦争を始めたのは正しかった、ケリー上院議員が行った批判は名誉棄損だ。 

とのことである。
もちろん彼の言論の自由ではあるが。
民主だ自由だ、人権だと持ち上げられるべき人物であろうか?
劉暁波のトンデモ発言
2017/08/13 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
劉さん関係者がホチキス針で十字架状に刺された! 半歩前へU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる